「ニュース」2017年は「3つのセキュリティ上の欠陥」

こんにちは、アイイーピーオー iRescueです。

トレンドマイクロさん公式より、「2017年個人と法人の三大脅威:『セキュリティ上の欠陥』が企業に深刻な影響」と題する記事を公開されました。2017年(1月~11月)に日本国内を中心に観測されたサイバー攻撃、独自の統計データを元に分析した「2017年国内サイバー犯罪動向」(速報)をもとにした内容だそうです。
個人・企業のそれぞれで「三大脅威」を選定。特に企業においては「“3つのセキュリティ上の欠陥”が、深刻な影響を与えた1年だ」と分析しています。

個人利用者での「三大脅威」
(1)金銭を狙う「不正プログラム」の拡散
(2)「ネット詐欺」
(3)「仮想通貨を狙う攻撃」

法人利用者での「三大脅威」
(1)「ランサムウェア」と「WannaCry」
(2)「公開サーバへの攻撃」による情報漏えい
(3)「ビジネスメール詐欺(BEC)」

特に個人利用では、スパムメールなどが多く関係してそうですね。安易にメールをクリックし感染。被害に合うケースも多いと思います。送られてくるメールの内容も怖いぐらい自然な文章になっています。
法人利用でも、システムの脆弱性。欠陥から感染させるものも多いと思いますが、やはり人員的な要因も少なくないと考えます。
少しでも情報を知っておくことが必要ですね