0コメント

QRコードでセキュリティー犯罪!?

こんにちは、アイイーピーオー iRescueです。

このセキュリティ犯罪は、中国で流行る可能性があるみたいです。
現在、中国ではQRコードを利用した決算などが爆発的に利用されています。
中国に行った人は、街中のあちこちにAlipayやWeChat Payで支払い可能な店舗を見かけるそうです。これを悪用して個人情報を盗むために騙してスキャンを促すことがあるみたいです。

被害ケース
・QRコードをスキャンして、その自転車のロックを外すが、そこに別のQRコードを張り付けて、ニセサイトに誘導したり、個人情報をとったり、電子決済でお金を取るケース。
・スーパーやショッピングモールなどでは、入口などでビラ配りを散見するが、先着で「QRコードスキャンで無料で商品プレゼント」を実施し、個人情報や電子決済用のお金を盗み取るケース。

また中国メディアの報道では、こうしたQRコードでの犯罪をふまえ、政府が『二次元コード』を管理監督する仕組みやコードについての安全判定ソフトをつくり、二次元コードを活用した犯罪の対策をとる必要とされている。

今回は、中国内の内容になりますが、日本でも近いことで犯罪が増えていく可能性があると思います。楽になっても安易に使用することを気をつけましょう。また中国に行った際は、こんな情報が合ったなと思っていただければと思います。

この記事へのコメント